読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肉とビールとパンケーキ by @sotarok

少し大人になった「肉とご飯と甘いもの」

Perfume による究極のユーザー参加型エンターテイメント #prfm

とにかく、1日目のライブを終えた時点から、この想いを吐き出したくて仕方がなかった!どうにかしてこの感動を伝えられないか、記録に残せないかを考えていた。 今日、4度目のエンディングを見てようやく、ツアーも無事盛況に終わり、吐き出せる時が来た。*1

ブログに書くにしても… ここ最近何も更新してないのにいきなりPerfumeの話もな、と思ったがまぁ昼間に思いたってはてダからはてブロに移行したのも良いきっかけということで、なんか書いてみようと思う。
しかし、音楽や映像の専門家でもなくライブから帰ったら興奮冷めやらぬ頭で乱暴に書きなぐった乱文のため、多少おかしなことを言っているかもしれないがご容赦いただきたいw いや、とにかくこの感動を書き留めて置きたかった。


今年10月、前作から約2年の時を経て、満を持してリリースされたアルバム LEVEL3 のツアー「Perfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」 supported by チョコラ BB」が本日無事に最終日を迎え盛大にその幕を閉じた。

このツアーでは、Perfumeの3人、そして素晴らしいスタッフの皆様の、新しい演出、挑戦、メッセージ、たくさんの想いが放出されていたと思う。このツアーは、あ〜ちゃんが公演中何度も繰り返し言っていたように、2013年の活動を締めくくる、素晴らしい「作品」として仕上がった。ライブのためのアルバム、そしてそのツアー。


そこで、本文中では、あえて、このツアーのことを作品として呼ぼうと思う。

文才のない一般人のただのブログだが、Perfumeの本作品の一部でも、これを読んでくれた人に伝えられたら幸いです。

演出の一部になったPerfumeとファン

今年のカンヌで話題になったため、知っている方も多いとは思うが、Rhizomatiks の Daito さんが中心となって Perfume の映像演出に様々な革新的でイノベーティブな新しい手法を取り入れている。(これはカンヌ以降、NHKでも特集されたし、展示会も開催されて、色々話題になっている)

人体プロジェクションマッピングである。

普通、プロジェクションマッピングは通常、静止したもの (建物など) を対象に行うが、動く人間をリアルタイムに認識し、人間のいる部分にだけ映像を投影するという手法をとり、一躍話題となった。

カンヌで披露されたこの演出は、形を変え、パワーアップし、ライブの演出にも取り入れられた。おなじみの Spending all my time (album mix) では、白い衣装を纏ってステージで踊り動く3人の姿をしっかりととらえ、プロジェクターから様々な映像が照らされた。当然にようにライブ演出に持ってきて、もう彼女たちはそれが新しいものというより、自分たちの表現の一部としてかみ砕き、モノにしたという感じである。

そして、これはもう何度もやられているので言うまでもないかもしれないけど、Perfume global site project #3 で実施していた、ユーザーが3人の色塗りができる、それが投影されたものも演出に取り入れられていた。
Perfume と映像」ではなく、一体化し、Perfume の存在そのものを作品たらしめてしまった。

そして観客も

さらに驚くべき仕掛けが用意されていた。

interludeにあたるいわゆる着替えの間、これまでもその役割をになってきたButterflyやSpeed of Soundのテイストを受け継いだ、LEVEL3 のアルバム曲 Sleeping Beauty で始まった間は、いつもであればカッコイイ映像を見るだけの時間ですぎるのだが、今回映像が始まってすぐに異変に気づいた人も多いのではないだろうか。

映像では、地球のワイヤーがぐるぐると周り、大阪公演では大阪に、東京公演では東京に光が集まり、日付とともに表示されたのだ。それで今回の映像はただの映像ではないと悟らされた。

次の瞬間、映しだされたのは、多くの人。静止したヒトガタの映像がたくさん集まって Perfume の3人の形を作る。そして次に映しだされたのは、満員の観客 (静止した人の映像) に囲まれた、「ライブのステージのミニチュア」を描いた映像である。

映像の中の大きな Perfume の3人は、そのミニチュアステージの前に群がる観客に手を伸ばし、1人ずつ摘み、カメラは摘まれた “人” をアップにする。しかし、それだけではない、映像の中で摘まれたその観客は徐々にアップになり、その瞬間、リアル(映像の外) でもスポットライトが点灯し、観客の一部が大写しになる。そこには、今、映像の中で摘まれていた "人” が映しだされたのだ!なんと、映像演出の中で使われた観客の 3D スキャンデータの本人がスポットで照らされ、ライブ映像(中継の意味での “ライブ”) でアップとなった!

実はこれ、動画の中で利用された人たちは、3D スキャンされたその当日の観客たちだったのだ!

早めに会場についた人たちは、ひときわ目立つ行列を目にしたかもしれない。「3Dスキャン体験」と書かれたブースに長蛇の列、ここに並ぶと、ブースの中では、Rhizomatiks の展示会でも行われていた、一瞬で人の形をスキャンし3Dデータモデルをつくり映像化するという、3D スキャンの体験ができる。「今後の作品で使われるかもしれません」などと札が立ててあったが、まさかあそこでスキャンされたデータが当日のライブ演出で使用されるとは思わなかったに違いない!

(3Dスキャンされた人はわかると思うが、「チケット持っている人は見せてください」と言われていたのはおそらく、通路際で、カメラが寄れる人を探すためだろうw)

最新のテクノロジーとエンターテイメントの融合...そう、このツアーで、観客の僕らまで、演出の一部に、Perfumeという作品の一部になったのだ。

夢から覚めた僕らは

今作品は、私たちは夢を見ている、からスタートする。その作品を締めくくるのはLEVEL3の最後を飾るバラード、Dream Landである。

アンコールでDream Landのイントロと共に、大きな翼を持つ天使の姿となって現れた3人。この曲を歌いあげた3人は大きな球に戻ってゆく。

Dream Landの中に現れる、その手を僕が引くから、という言葉にこめられた想いは、Perfumeがこれまでたくさんの人の助けを借りてここまで来たその想いをつなぎ、3人が次の世代の手をひくよ、というメッセージなのではないだろうか。

そして、3人は次へのメッセージも残している。Dream Land 終盤落ちてきた風船に記されたのっちの言葉は「君はだれの腕を引く?」。たくさんの人に支えられここまで来たPerfume、そしてPerfumeによってもたらされたたくさんの想い、この想いを繋ぐのは、次は僕らなのだ。

ひとつ上の、 LEVEL3 にレベルアップした彼女たちが、次回の "作品" ではどんな新しい挑戦を見せてくれるのか、楽しみでしかたがない。

その他の感想

  • 1日目はアリーナのセンター機材付近の席だったが、MIKIKO先生が来ていた!
  • オープニング、Enter the Sphere は予想通り!そして光の中に吸い込まれていくような映像、レーザー演出、すべてがカッコ良い!
  • ステージ後ろにあった球(リアプロも)と輪っかは、スウィートドーナツ的なあれかな、という … (勝手な想像)
  • ションションションメドレーは初めて知った…僕もまだまだだw(大阪1日目)
  • 最初のMCで20分使うとか … ずっと全開でしたね。特に、大阪1日目は、あ〜ちゃんがまるで酔っぱらいのようでした。久々の日本のライブでテンションあがってたのかなw ずっとケラケラ笑っててこっちも楽しくなってしまったなー。
  • 2日目のハイライトはダンゴムシw
  • 1mm 映像カッコイイ
  • ポイントから生歌。最高!
  • スタンド席からは、"夢の架け橋” が降りた後の穴を埋める作業を見るのが好きだった
  • あれ当日映像でピックアップする人が見つからなかった場合 (通路側) の fallback の計画とかどうするつもりだったのか聞いてみたい (確率的には、見つからないってこはないんだろうけど...)
  • と、多分結構当日それを探すのと動画完成させるのかはかりシビアな話じゃないのかな!?と。3日目のスタートが微妙に押したのはソレだったりして、とか勝手に思ったり ... (違うかーなー
  • 安定のParty Maker。アルバムで一番好きな曲。手をかざしてー!!
  • ふりかえるといるよって金縛りの曲だったの!?w
  • サンタコスのPerfumeかわいすぎ!
  • ドラえもん役は、毎日違う人がやってた。あれ観客の世代だと大山のぶ代さんの声を思い浮かべるから相当違うように聞こえるけど、のっちの声真似は、今のドラえもんの (ワサビ? だっけ?) の声には似てるきがするw
  • サンタをよぼうのスズを鳴らそうのくだりシュールすぎて笑った。ちなみにここであ〜ちゃんが歌うクリスマスソングは毎回違った!よね?
  • いやーしかし、サンタのくだり長くて笑った
  • 1日目はサンタトナカイだけだったのに、東京にきてからは雪だるまが追加されてて笑った。
  • チョコレイトディスコ中に放出されたひらひらがWOWOWの?空中撮影カメラのレールにひっかかっており、その上を空中カメラが通過するのを見守りつつひやひやした。
  • 風船全然こないよ!!ひとりで6つくらい持ってる人わけで欲しいw
  • ちなみに、アンコールがDream Land 1曲だけだったというのも驚いた。普通ならここ最近リリースられたSweat Refrainもやりそうなものだが、このツアーでは一貫してLEVEL3の世界観を貫きたい、ということだったのかも。

*1:なんと4日すべてのチケットが当選、大阪2東京2に参加してきました。不公平を恨む方もいるかもしれないが、こればっかりは運なのですいません!1年間ももクロのチケットはずれ続けた末のPerfume全当選なので、神からのメッセージとして受け取っておくことにしているw