読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肉とビールとパンケーキ by @sotarok

少し大人になった「肉とご飯と甘いもの」

#10 PHPのインストール・設定::VMWare×CentOS5 Windowsでカンタン開発環境

VMWare 開発環境

PHPをパッケージインストール

[root@five ~]# yum install php php-pear php-mbstring php-mysql php-gd

ま、絶対必要なのは、pearとmbstringくらいでしょう。mysqlやgdは必要に応じて、また必要があればその他のものもインストールしてあげてください。
これだけやれば、とりあえず大丈夫です。

もし、ほかに何がインストールできるのか知りたい場合は、

[root@five ~]# yum list php*

と打ってあげれば、インストール済み含めてすべて表示してくれます。便利ですね!!

apacheの再起動

パッケージ経由でPHPインストールすると、/etc/httpd/conf.d/ の下に、php.conf というファイルが生成されます。apacheは、conf.dディレクトリに入っている、.confで終わるファイルのすべてを読み込み、設定を追加するようになっています。
このphp.confに、apachePHPモジュール読ませたりとかに必要なことが書いてあります。なので、httpd.confをいじらなくても、すぐ使えます。

で、再起動しないと設定が反映されません。

[root@five ~]# /etc/init.d/httpd restart

PHP 5.2.4 を yum でインストールしたい

ところで、現時点で、5.1.6がインストールされますが、正直5.2.xがほしいよ・・・とか思ったらどうするか。

で、探したらありました。

まぁ要するに、Utter Ramblingsというサイトの、Jasonさんの作ったリポジトリからインストールできるということです。
簡単に手順を書いておくと、

  • GPGキーインポート*1
[root@five ~]# rpm --import http://www.jasonlitka.com/media/RPM-GPG-KEY-jlitka
[root@five ~]# vi /etc/yum.repos.d/utterramblings.repo

[utterramblings]
name=Jason's Utter Ramblings Repo
baseurl=http://www.jasonlitka.com/media/EL$releasever/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=http://www.jasonlitka.com/media/RPM-GPG-KEY-jlitka

サイトの説明では、 enabled=1 にしてありますが、常にenabledになるのはちょっといやだったので、0に設定します。
そんで、

[root@five ~]# yum --enablerepo=utterramblings update php

enablerepoオプションつけることでutteramblingsリポジトリを使うことができます。さっきインストールすんでいるので、installではなくてupdate。
手元の環境では、

Loading "changelog" plugin
Loading "installonlyn" plugin
Loading "fastestmirror" plugin
Setting up Update Process
Setting up repositories
utterramblings            100% |=========================|  951 B    00:00     
base                      100% |=========================| 1.1 kB    00:00     
updates                   100% |=========================|  951 B    00:00     
addons                    100% |=========================|  951 B    00:00     
extras                    100% |=========================| 1.1 kB    00:00     

...

=============================================================================
 Package                 Arch       Version          Repository        Size 
=============================================================================
Updating:
 php                     i386       5.2.4-jason.2    utterramblings    3.6 M
Updating for dependencies:
 php-cli                 i386       5.2.4-jason.2    utterramblings    2.6 M
 php-common              i386       5.2.4-jason.2    utterramblings    353 k
 php-gd                  i386       5.2.4-jason.2    utterramblings    319 k
 php-mbstring            i386       5.2.4-jason.2    utterramblings    1.3 M
 php-mysql               i386       5.2.4-jason.2    utterramblings    262 k
 php-pdo                 i386       5.2.4-jason.2    utterramblings    156 k

Transaction Summary
=============================================================================
Install      0 Package(s)         
Update       7 Package(s)         
Remove       0 Package(s)         

Total download size: 8.6 M

...

Complete!

となり、その後apache再起動かけ、phpinfoしてみたら、無事に5.2.4が表示されたので、どうやら使えそうです。

まあ標準のリポジトリでやりたいって場合はやらなくてOKな作業だと思います。だた、ソースからコンパイルってのはメンテナンス性からしてあまり効率がよくないので…と思ってるのですが。まぁソース派の方はソースかけちゃってください(笑)

というわけで、5.2.4入れようとしなければ、それほど大変ではないPHPのインストールについてでした。

ちゃんちゃん。

(続き) PECLとか使えるようにする + xdebugインストール>>

*1:ここ、ちゃんとわかってないんですけど、jasonさんのパッケージの証明書を登録してるってことかな…?たぶん。。