読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肉とビールとパンケーキ by @sotarok

少し大人になった「肉とご飯と甘いもの」

Ferretに問い合わせてみた

misc

ちょっと前から、話題騒然(?)の、オーバーチュアのキーワードアドバイスツールの終了について。


実は、先日からこれに替わるツールがないか探し回っていたのだけど、これまでYahoo!系の検索回数表示をしてきたようなサイトは、(私の知る限り)すべてオーバーチュアのデータを参照していて、それが軒並み倒れてしまい困っていました。

そこに舞い込んできた、「みんなで作る検索エンジン フェレット」なるウェブサービス

調べてみると、「オーバーチュアのキーワードアドバイスツールに替わるのでは!?」との期待や、「でもデータはどこから・・・?」との不安の声も結構ちょこちょこ聞こえてきました。


実際、私も「おっ!?」と思いました。

たしかにユーザー登録をすると、検索回数がグラフではなく、数値が表示されましたので、再度「おおお」と思いました。


が。


やはりデータがどこから来ているものなのか気になりましたので、問い合わせてみたところ、丁寧にご回答くださいました。

以下やりとり。(多少端折ってます。)

フェレットに表示される「検索回数」というのは何の数値を使って表示されているものなのでしょうか。
御社独自の方法で調査しておられるのか、またはオーバーチュアなどから情報提供を受けておられるのでしょうか。

  • 回答

検索回数は表示しているキーワードを収集した際に、
overture(Yahoo!)のある1か月分のデータをメインとして、推測可能なデータを元に集計したものを表示しております。

データはオーバーチュアの情報をメインとしてご使用されているということですが、
オーバーチュアの検索用語の更新が4月以降されなくなってしまった今、今後フェレット上に表示されている「検索回数」の項目を表示しなくなる可能性などはありますでしょうか。
あるいは、「2007年4月現在のデータを元に推測値として表示している」ということを前提に掲載を続けられる予定でしょうか。

と、相当微妙な質問してるなーと思いつつ。

これに対しては、ストレートなご回答はいただけませんでしたが、

方針としましては、
>> あるいは、「2007年4月現在のデータを元に推測値として表示している」ということを前提に
>> 掲載を続けられる予定でしょうか。
に近いかと思います。

とのことでした。

つまり、わかったことですが、

  • 元となるデータはオーバーチュアのもので、4月以降更新されていないというのはほかのサイトと同様
  • 一応推測値としているようですが、その算出方法については明言されてなく、データの信憑性はやはり不明

ということです。

まぁちょっと残念ですが、そもそもFerretというサイトはキーワードの言及数を調べるためのサイトではないと思いますので、しかたないでしょう。そういう使われ方を意図して作られたわけではないでしょうし。
それよりも、流行の集合知フォークソノミー)と、検索エンジンを合わせてみるという点では、なかなか面白い発想だなーと思いますので、気がついたときにキーワードの登録をしに行こうと思います。検索が下手な人に、「ググれ!」ではなくて「フェレれ!」と言えるようになったら*1、まあFerretの運営者さんたちはうれしいんだろうな・・・w

*1:言いにくい